TOP > 2022年新春のつどい中止にあたって
特定非営利活動法人 東京都中高年福祉推進員協会
2022年中推協「新春のつどい」中止にあたって
会員の皆さまへ
 いつも中推協の活動にご協力を頂きまして、誠にありがとうございます。
楽しみにしている「新春のつどい」の1月29日開催に付きまして、たいへん残念な
お知らせをすることになりました。
 私が申し上げるまでもなく、ニュースで流れているのでご承知と思いますが、 コロナウイルスの変異株「オミクロン」は、ワクチン接種完了者や新型コロナに感染して回復をした人にも 感染が生じているなど、従来のデルタ株に比べて感染力が非常に強いとの見解が、WHOより出されています。
 昨日(1月14日)の日本全国の感染者は 22,045人で、第5波のピークである25,990人をも、まもなく超える勢いです。 また、東京の感染状況を見ると、
1月8日1224人、1月12日2198人、1月14日4,051人となり、 この1週間で約4倍に急拡大をしております。
 今後の感染予測では、年末年始や成人式などによる人流の増加により、1月末〜2月初にかけて、 更に感染が急速に拡大するとの予測が出されています。
 
[ 結論として ]
 「新春のつどい」の開催は、もちろんソーシャルディスタンスの確保やマスク・消毒などの感染防止の徹底は行ないますが、 室内での講演や大勢の会話は否めない状況にあり、また中高年者の方々が多い状態にもなります。 コロナ感染が急拡大している中では、リスクが全く無いとは言い切れません。
 よって、苦渋の選択ですが、会員の皆さんの「安全第一、健康第一」を鑑み、 大変申し訳ございませんが、今回の「新春のつどい」の開催は、中止とさせて頂きます。
 
 尚、今後 コロナ禍が落ち着きましたら、「新春のつどい」の代替えとして、 会員の皆さん方が和気あいあいと集える場を改めて検討したいと思います。
 よろしくご了解をお願い致します。
 
 末尾になりましたが、今月20日の大寒を前後に、益々寒さも厳しくなってまいります。
会員の皆さまも どうか健康にお気を付けて、お過ごしされます様に!

2022年 1月15日

東京都中推協会長 竹内淳之助

 

ページの先頭に戻る